2016年(平成28年)度共済制度感染見舞金の実績と評価


2016年(平成28年)度共済制度感染見舞金の実績と評価

1.本制度への加入者数と利用者数
2.都道府県別利用状況
3.最も多かった申請はインフルエンザ
4.申請が多かった感染症の詳細
5.インフルエンザと感染性胃腸炎の月別発生状況*1
6.申請者の記録から見た感染症罹患場所
 

6.申請者の記録から見た感染症罹患場所

   会員の皆様がどのような時に感染症に罹患されたのか、具体的かつ細かく網羅することは不可能です。しかし、アンケートにより、いくつかの傾向を読み取ることができました。円グラフに見るように、全総数2,052件の申請中、70%近くに当たる1,412件の申請がプライベートな時間に感染したと訴えており、授業、実習、学内活動などの学校管理下では640件の申請でした。

  本制度が学業中と限らず24時間、いつ感染されても適応になる点では、会員の皆さまにとり安心できる充実した制度であると思われます。
(図6)



申請者の記録から見た感染症罹患場所

ページ上部へ