2016年(平成28年)度共済制度感染見舞金の実績と評価


2016年(平成28年)度共済制度感染見舞金の実績と評価

1.本制度への加入者数と利用者数
2.都道府県別利用状況
3.最も多かった申請はインフルエンザ
4.申請が多かった感染症の詳細
5.インフルエンザと感染性胃腸炎の月別発生状況*1
6.申請者の記録から見た感染症罹患場所
 

2.都道府県別利用状況

 本制度を加入校所在地の都道府県別に分け、その利用状況を見ると、すべての都道府県で利用されています。感染見舞金の請求状況は都道府県別の加入校数を考慮しないで比較すると岐阜県、北海道、愛知県、福岡県、岡山県、神奈川県の順で利用が多く、群馬県、山形県、福井県、三重県、高知県、山梨県の順で利用が少ない状況でした。
(挿入表2・挿入図2)


ページ上部へ